結婚祝いの贈り物を選ぶ際、親しい間柄であれば要望を直接尋ねることもできますが、実際には自分で考えなければならない場合がほとんどです。


贈る相手の趣味や好みなどを把握できない場合は、結婚に伴う新生活に必要なものを考えるとまず間違いないでしょう。



その代表的なものが家電製品です。

長く使えて実用的である点が魅力ですが、既に持っている物だったり他の人と重なったりすると、消耗品ではないうえに場所をとるので迷惑を掛けかねません。

はてなブックマーク情報ならこちらのサイトです。

家電製品を贈る場合は事前に確認しておくのが無難です。
逆に他の人と重なっても困らないのは、かさばらない消耗品です。
例えばタオルなどがそうです。
結婚祝いの贈り物としては地味な印象かもしれませんが、デパートなどに行けば高級な物もありますし、もらって困る人はまずいないという点で贈りやすいアイテムです。
そのほか意外に喜ばれるのが、来客用のスリッパや寝具などです。

結婚すると新居に誰かしら招く機会が増えるものですが、自分で使わない物は揃えるのを忘れがちなので、特に既婚者の方は自分の経験を踏まえ、このような気の利いた贈り物ができると素敵です。



また、結婚祝いの贈り物を選ぶ際、一般的にタブーとされていることもいくつかあります。品物の数が偶数になること、食品など消えて無くなってしまうもの、ガラスや瀬戸物など割れてしまうもの、包丁やハサミなどの切る道具がそうです。
目上の方など、気を遣う相手に贈る際は気を付ける必要があります。


ただ最近は、食品や割れ物に関しては気にしない人も多くなっていますし、実際に食器などは結婚祝いの代表的なものになっています。

大量の結婚祝いや引越しで物が溢れている夫婦にとっては、美味しい食品の方がむしろ喜ばれる場合もあります。

形式にとらわれて選んだ無難な物よりも、相手のことを考えながらじっくり選んだ物の方が、祝福の気持ちを込める結婚式の贈り物としてふさわしいでしょう。